Xperia Z5世代、マシュマロアプデにより最高の電池駆動時間に?

01. Xperia_Z5_Colour_Range

 Xperia Z5世代の端末の電池持ちが、Android 6.0 Marshmallowへのアップデートにて、大きく改善されるとの情報が、海外リーカーRicciolo氏によって伝えられました。

 改善されたスタミナモードのおかげで、リアルチャンピオンになるとのやや大げさな表現で伝えられています。

 スタミナモードは、画面消灯時、データ通信を遮断することで電池駆動時間を延長するという、Xperiaシリーズ独自の機能です。例えば着信やメッセージ受信のみ常時行い、アプリの同期を抑制するなどというもの。

 さらに、Android 6.0では、OS標準機能として”Doze mode“なる省電力機能を搭載。ユーザーが端末から長時間離れていることを端末自身がセンサーにて検知し、その間はアプリの同期を遮断するなどして、大幅に電池駆動時間を伸ばすという内容です。

 STAMINA ModeとDoze modeの組み合わせで劇的な電池駆動時間が得られることが想定されます。両者が別個に機能するのか、それとも機能的に統合されるのかどうかについては触れられていませんが、OSアップデートを楽しみにしておきたいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus