次世代iPhone、充電台から離れていても充電できる新技術を採用か?

iphone-5s-6-6plus

 Bloombergは、米国・アジアのパートナーと協力し、2017年のiPhoneに向けて、ワイヤレス充電技術を開発していると報じました。

 現在のワイヤレス充電は、充電パッドの台の上に端末を置く必要があります。Appleが模索している最先端技術は、充電パッドから距離が離れていても充電できる技術のようです。

 iPhone 7以降、ヘッドフォンジャックが廃止され、ヘッドフォンとiPhone本体の有線接続にはLightning端子が利用されるとの噂があります。この噂が事実である場合、iPhoneを充電中は音楽の聴き方が制限されることになります。しかし、仮にワイヤレス充電が採用された場合、充電中にもLightning端子でヘッドフォンから音楽を再生できることを意味します。

 ただし、今回のワイヤレス充電は、2017年の採用とされており、iPhone 7ではなくiPhone 7sでの採用となるでしょうから、ユーザーはiPhone 7では不便を強いられる可能性もありそうですね。

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus