鴻海によるシャープ買収、最終調整へ

foxconn-sharp (2)

 SHARPは、EMS大手の台湾企業「鴻海精密工業(Foxconn)」からの買収提案を受け入れる形での再建に向けて、最終調整を行っていると、毎日新聞を始めとする各メディアが報じています。

 鴻海が拠出する資金は6000億円超となっており、SHARPブランドや雇用も維持される方針。

 官製ファンド産業革新機構が提示していた3000億円を大きく超える額であり、鴻海による買収受け入れは、株主や納税者、労働者といったステークホルダーにとって妥当な判断であると言えるでしょう。

 諸報道に対し、SHARPは当社発表ではないとアナウンスしつつも、1か月以内を目処にいずれかの会社との契約締結の完了を目指す主旨を述べており、正式発表は近いうちに行われる見通しです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus