iPhoneのNFCがサードパーティーに開放?仏オレンジCEO示唆

10491-2732-140916-NFC-l

 仏通信キャリアOrangeは、数週間以内に、自社の決済サービスOrange Payが、iPhone上で利用できるようになると伝えました。

 これはOrangeのCEOが01net.comにて明らかにしたもの。Orange CashはiPhone以外の端末にてすでに10万人近い利用者がいるとされています。

 iPhoneのNFCを用い、iPhone本体をかざすことで決済できるサービスはこれまでAppleの「Apple Pay」に限られてきましたが、Orangeがここに参入するということは、NFCのAPIがサードパーティーに開放されることを意味します。

 NFCは通常、様々な決済サービスや近接通信に活用できますが、Appleはここに制限を加えていました。この方針が大きく変わることになりそうです。

 そういえば、iPhone 7ではイヤホンジャックがなくなると噂されています。仮にNFCのAPIが開放され、Bluetoothイヤホンとのワンタッチペアリングが可能になれば、弱点を克服できる可能性もありそうですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus