どれが当たるかな?海外サイト作成の「iPhone SE」予想図

 4インチのiPhone SEについて、各Webサイトの伝えた外観情報を元に、それぞれの情報に沿った3Dレンダリング画像をMartin Hajek氏が作成しました。MacRumorsが掲載しています。

iphoneserenderingscomparison-800x450

 一番左が、Appleの最新情報に精通した9to5Macの情報に基づくもの。筐体はiPhone 5sとほぼ同じ。カラーリングのみが新しくなっています。

 真ん中が、スマートフォン全般の最新情報をリークすることで有名なOnLeaksの情報に基づくもの。iPhone 5sとiPhone 6/6sの間の子のような形をしています。カメラは出っ張っていません。

 一番右が、Curved Labsの情報によるもの。iPhone 6/6sを単純に4インチにしたような外観です。

iphoneserenderingscomparisonbottom-800x450

 9to5MacとOnLeaksの情報に基づくものは電源ボタンが上、Curved Labsのものは電源ボタンが側面に配置されています。

iphoneserenderingsstacked-800x450

 Appleが4インチモデルをリリースすることは、多数のリーカー・海外メディアによって確定的に伝えられており、後はデザインや細かな仕様がどうなるかが気になるところ。この3案のうち、どれが実際の製品に近いものとなるのでしょうか。正式発表は3月21日説が有力視されており、楽しみにしておきたいところです。

iPhone SEの最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus