iPhone 7のストレージは32GB/64GB/256GBかも。

iPhone-7-PrePress-768x1388

 市場調査会社IHS TechnologyのマーケットリサーチディレクターであるKevin Wang氏は、Appleの次期スマートフォンiPhone 7は、実行用メモリが2GBとなり、内蔵ストレージのオプションは最低でも32GBからになると報告しました。

 これまでiPhoneのストレージオプションの下限は16GBでした。iPhone 6sでは16GB / 64GB /128GBという3種類から選択可能です。レポートが正しければ、iPhone 7は32GB / 64GB / 128GBという展開になるのでしょうか?

 なお、以前iPhone 7のフラッシュメモリが流出したこととの情報がありましたが、この時は32GB / 64GB / 256GBでした。今回の情報とは整合性がありますね。

68d20df9jw1f42cqnz18nj20rs0kudmw

 今やスマートフォンはアプリやゲームも豊富で、4K動画撮影やLivePhoto、ハイレゾ音源の再生なども可能となっていることから、ストレージ容量は16GBでは不足しがちです。しかもiOS端末はmicroSDカードによるストレージ容量の拡張ができません。

 さらに容量不足は動作の低下、ユーザー体験の悪化、OSアップデートできないといった事象を引き起こします。小さい容量のモデルで下限価格を引き下げるメリットもあるものの、ユーザーの満足度を低下させてしまうリスクもはらんでいることから、16GBの廃止は妥当だと思われます。

 もし256GBのiPhoneが登場すれば、普段ハイレゾ音源で音楽再生を楽しんでいる人には有力な選択肢となるかもしれません。

 iPhone 7は防水防塵化、静電容量式ホームボタン搭載などが噂されています。5.5インチのiPhone 7 Proは、デュアルカメラを搭載するとも伝えられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus