アップル、iPhone 7へのおサイフケータイ対応を計画。

apple-pay-logo

 Bloombergは、複数の関係筋からの情報を元に、Appleが次期iPhoneで非接触ICカード技術「FeliCa」に対応すると報じました。

 FeliCaチップを搭載することにより、各種公共交通機関の乗車券や残高情報を保存し、自動改札機にかざすことで乗降車が可能となります。

 Appleは、NFC決済機能「Apple Pay」をiPhoneに搭載していますが、これはNFC Type A/Bにしか対応していません。世界のモバイル決済はNFC Type A/Bが主流ですが、日本と香港ではFeliCa技術が採用されています。

モバイルSuicaのチャージ画面

 今後GSMAに準拠するNFC搭載スマホは、NFC Type F対応が求められることから、iPhoneもこの流れに乗り、FeliCaに対応するという形になります。

 Bloombergによれば関係者一人が、AppleがSuicaとPASMOとの提携を目指しており、iPhoneのWalletアプリにIC乗車券を登録する形になる、と述べています。

wallet

 個人的にはAndroidのおサイフケータイ・Suicaアプリは使いづらいと感じているので、iPhoneで利用可能になればすぐに乗り換えます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus