来年、デュアルカメラ搭載はiPhone 8 Plusのみ?ダブルOIS搭載か

ip-jet-black

 KGI証券のアナリストMing Chi Kuo氏は、来年、2017年に投入される次期iPhoneについてのレポートを発表しました。

 レポートは、9月16日にも発売されるiPhone 7 Plusのデュアルカメラは、熱心なユーザーやカメラマンなどの人気に反して、大衆市場にとってのキラーアプリにはなっておらず、しかも搭載コストが30~40米ドル増加すると分析。

 この分析結果から、次期iPhoneにおいてもハイエンドモデル(名称は順当に行けば『iPhone 7s Plus』、Kuo氏のレポート通りであれば『iPhone 8 Plus』)のみがデュアルカメラを搭載すると報告しました。

 iPhone 7 Plusのデュアルカメラの構成は、望遠カメラモジュールと光学式手ブレ補正(OIS)対応の広角カメラモジュールですが、レポートによれば、次期iPhoneのハイエンドモデルのデュアルカメラの構成は、望遠・広角の両カメラモジュールに光学式手ブレ補正を採用するとのこと。これにより光学ズームの品質も大きく改善するとしています。

 次期iPhoneについては、物理ホームボタン廃止による大幅なデザイン刷新や虹彩認証搭載などが噂されており、「”7s”をスキップして”8″になる」との観測が根強く主張されています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus