有名アナリスト、iPhone 7の仕様を報告。

iPhone-lsa-pic-3

 KGI証券のMing Chi Kuo氏は、iPhone 7に関する最新のレポートを週末に公開しました。同氏は、サプライチェーン筋を始めとして、情報源を多数持っているため、これまでにもApple製品に関する予測の的中率はかなり高いものとなっています。

 それによると、iPhone 7のプロセッサはA10、CPUクロックは2.4GHz。製造はTMSC。

 カラーリングは、スペースグレイが削除。新たなカラーリングとして光沢のあるピアノブラック、濃い黒色のダークブラックが追加されると述べています。これはMacお宝鑑定団Blogの情報を追認するものです。ピアノブラックは当初は大容量モデルにのみ解禁される可能性があると述べています。

 ディスプレイは引き続き4.7インチと5.5インチの2種類。ただしディスプレイの色域はiPad Pro 9.7相当になるそうです。

 カメラについてはiPhone 7 Plusにのみデュアルカメラが採用。光学ズームとライトフィールドカメラアプリが利用可能になったとのこと。両者1200万画素ですが、片方は広角カメラ、片方は望遠カメラから構成されているそうです。

 実行用メモリはiPhone 7は2GB。デュアルカメラ駆動のためにiPhone 7 Plusは3GBに。ストレージ容量は32GB / 128GB / 256GBの3種。

 ヘッドフォンジャックは廃止。ただしLightningコネクタ採用のイヤホンと、イヤホンジャックをLightningに変換するアダプタを、同梱するとのことです。

 このほか、近接センサーによるジェスチャー操作もサポート。防水仕様はIPX7で、Apple Watchと同等レベルになるそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus