iPhone 8は、iPhone 4/4Sのようにガラス素材へと回帰?

iphone 4

 KGI証券のアナリスト、Ming Chi Kuo氏は、次期iPhoneの予測を含んだ新しいレポートを発表したと、海外サイト9to5Macが伝えました。

 それによると、2017年に投入される新型iPhoneは、iPhone 4やiPhone 4Sと同様、前面と背面にガラス素材を採用するとのこと。

 iPhone 7で導入された新しいカラーであるJet Blackは人気が高く、その光沢仕上げが高い需要を持っていることを証明しています。このことから、同じく光沢のあるガラス素材に回帰するのではないかとのこと。

 Jet Blackは、傷つきやすいという問題があり、これはAppleも認めるところで、ケース装着が推奨されているほど。しかしガラス素材であれば、細かな擦傷をより避けることができるというわけです。

 ガラスに関してはより耐久性のある2.5Dガラスを採用するとのこと。

 このほか、ステンレス鋼・アルミニウムを採用するとも伝えています。ハイエンドモデルとそうでないモデルの差を、金属素材の違いによって演出する可能性もあるとのこと。

 画面サイズについて、ベゼルレスデザインを取り入れることで、5.5インチから5.8インチモデルに拡大する可能性についても触れています。

 以上がKGI証券のレポートに基づく来年のiPhoneの予想です。同じく来年のiPhoneに関する他の噂としては、有機EL採用などがあります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus