次期iPad Proは3種構成?Display P3対応、イヤホンジャックは継続搭載

ipad-pro-series

 国内ブログ「Macお宝鑑定団Blog」は、Appleが開発中の次期iPadについての最新情報を伝えました。

 同ブログが信頼できる情報筋から伝え聞いたところによれば、次期12.9インチのiPad Proは、1200万画素カメラとTrue Toneフラッシュ、そしてDisplay P3対応True Toneディスプレイを搭載するとのこと。

 おそらくデジタルシネマ規格DCI-P3に対応した、より現実に近い色表現の可能な、高色域ディスプレイを搭載することになるのでしょう。iPad Proの名に相応しい画面を有することになりそうです。

 7.9インチで小型のiPad mini 4は「7.9インチ iPad Pro」へと一新され、Smart Connectorと4スピーカーを搭載。こちらも12.9インチモデルと同様にDisplay P3・1200万画素カメラ・True Tone・4スピーカー搭載となる模様です。

 iPad Pro 9.7インチモデルは10.1インチへと大型化し、縦に1cm、横に0.5mm大型化。

 これらの次期iPad proシリーズはデュアルマイクロフォンからクアッドマイクロフォンに変更。いずれもイヤホンジャックを確保。出荷は2017年春とのこと。

 「Macお宝鑑定団Blog」は、Apple製品に関する独自の情報源を多数持っており、海外でも一目置かれる有名ブログです。iPhone 7の「3.5mmイヤホンジャック廃止」を世界で初めて伝え、的中させたブログでもあり、今回の情報も無視できないところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus