Vineはカメラアプリとして存続。VineユーザーはTwitterへ移行を促進

Vine_logo

 10月、TwitterはVineの終了を発表しました。現在、これまで投稿した動画をダウンロード可能なバージョンのVineアプリが配布開始されています。

 ところが、Twitterは、Vineアプリを「Vine Camera」としてリニューアルすることを明らかにしました。Vine Cameraは2017年1月にリリースされる予定です。

 新しいアプリで録画したビデオはカメラロールに保存したり、直接Twitterに投稿することができるようになります。これはFacebookの所有しているInstagramアプリのエコシステムに近いものがあります。

 ただし、この新しいアプリは、Vineのビデオ録画機能を移植するのみで、あくまでVineのソーシャルコミュニティは既定路線通り消滅する見通し。

 このため、VineユーザーをTwitterへ移動させる新しい方法が導入される見通しです。

 Vineは、最終的にはTwitterへと緩やかに統合されることになりそうです。