MacBook Pro Late 2016の修理受付停止、原因は診断プログラムの未対応か

macbook-pro-late-2016

 Apple社はMacBook Pro Late 2016シリーズの修理サービスを停止しています。

 この問題についてMacお宝鑑定団Blogが伝えたところによると、本来2016年12月13日より提供するはずだったOSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」の配信が間に合っていないことが原因であるとのこと。

 修理部品に関しては準備が整っているため、本来であれば「Apple Service Toolkit」の「Mac Resource Inspector」によって診断を行い、その診断結果を受けて修理部品を発注しますが、それが行えないことから修理不可という状況に陥っているそうです。

 Touch Barという新機軸を搭載したMacBook Pro Late 2016。GPU起因の不具合や各種故障が続々と報告されている上に、然るべき診断ソフトの配信が間に合っていないがために、残念な船出となっていると言えそうです。