次期iPhoneは高額化?原因は有機EL

iphone-7-7-plus

 Appleの次機種への機種変更は安くならないかも?

 FastCompanyが報告したところでは、次期iPhoneの最上位モデルの価格は、1000ドル以上(現在のレートで11万円以上)になるとのこと。

 価格上昇の主な要因としては、新たに前面にOLED(有機EL)ディスプレイを搭載することだそうです。iPhone 7で使用されている現在のLCDディスプレイの2倍ものコストが発生するそうです。また、Appleの要求水準を満たすOLEDはSamsung製しななく、Samsungへbの大量発注もあり得るそうです。

 Appleの計画をよく知る情報源曰く、次期iPhoneは実行用メモリも強化されるそうです。米ドル高のためにメモリ価格も比較的高価となり、これも価格に影響する見通し。

 レポートはまた、2017年のiPhoneが5.8インチ、5.5インチ、4.7インチの3ラインナップで登場するとも伝えています。(一部のファンは、iPhone 10やiPhone Xと呼ばれることを期待しているようです。初代iPhoneから10周年ですからね)

 デュアルレンズカメラは、大画面モデルにのみ搭載されるとのこと。

 次期iPhoneは2017年9月に発売される見通しです