アップル、iPhoneに搭載する人工知能エンジンを開発か。

siri

 AppleがiPhoneなどのスマートデバイスに搭載するための専用AIチップを開発していると、Bloombergが報じました。

 顔や音声認識といった人工知能に特化したタスクを処理できるプロセッサになる見通し。これはApple内部では「Apple Neural Engine」と呼ばれているそうです。

 「Apple Neural Engine」は、AmazonのAlexaやGoogle Assistantのような、近年急成長するAI製品群に対抗する意味を持ちます。

 Appleの端末は既に音声アシスタントSiriを持っていますが、Siri関連のタスクを処理する専用チップを搭載することで、通常のSoCから処理をオフロードできるため、iPhoneやiPadのバッテリー寿命の向上も期待できます。

 現在、専用チップはiPhoneの試作機でテストされています。情報源曰く、Touch IDのような他の主要なハードウェア機能のAPIと同様、サードパーティーの開発者に開放し、様々なアプリと連携できるよう計画しているとのことです。

 正式発表時期は今年の後半に行われる可能性があるとしつつも、今年後半に登場するiPhoneに搭載されるかどうかは不明です。