iPhone 8のTouch IDは背面に搭載される?

 

iphone-8-benjamin-geskin-800x666

 Appleの次期スマートフォン「iPhone 8」は、OLEDディスプレイとワイヤレス充電機能を備えると噂されていますが、指紋認証センサーTouch IDに関しては、どこに配置されるのかが焦点となっています。

 香港CLSAのアナリストSebastian HouとBrian Chenが発表したレポートによると、サムスンとアップルは2017年にディスプレイ内蔵型指紋認証センサーの搭載を検討していたが、まだまだ技術が成熟していないとのこと。

 このためiPhone 8が背面に指紋認証センサーを搭載する可能性が高く、その図は以下の通り。

iphone-8-clsa

 噂通りデュアルカメラは縦方向に2つ並んでいます。

 iPhone 8の寸法は縦144mm、幅71mm、厚さ7.69mm。iPhone 7よりわずかに大きくなっています。厚みはiPhone 5よりも厚くなります。

 製造上の問題でiPhone 8の生産が遅れる可能性があり、10月または11月まで出荷を延期することもありえるとの予測です。KGI証券のMing-Chi Kuo氏も、今年も新型iPhoneの数量不足は今まで以上に深刻と見ています。

 多くのアナリストは、Appleが9月にiPhone 7sとiPhone 7s Plusと一緒にiPhone 8を発表すると予想しています。