LG G7にはSnapdragon 845搭載か。

lg-g6

 海外メディアAju Business Dailyは、LGとQualcommが契約を締結、Snapdragon 845がLG G7に供給される見通しだと報じました。

 Snapdragon 845はモバイル向けの次世代ハイエンドチップとなります。製造プロセスは7nmで、Snapdragon 835とくらべて30%強力であると予測されています。これがLG G7に搭載されるというのです。

 LGは、現行フラッグシップモデルLG G6に、Snapdragon 821を搭載しています。Galaxy S8/S8+やXperia XZ Premiumなどは、Snapdragon 835搭載です。このため、他社のハイエンドにやや見劣りする結果に。これはLGが開発の安定性を優先した結果だと言われています。S835よりも機体に最適化できているとされてはいますが、性能を重視するユーザー、性能を重視する韓国市場などには、フラッグシップモデルにおけるSoCの変更は不利に働く要因となります。

 一部の業界関係者は、LGが次期フラッグシップモデルでSnapdragon 845を採用することを早くも決めた動きについて、製品開発において安定性よりもイノベーションで競合を打ち倒すことに焦点を移していると推測します。これはSnapdragon 845のような次世代ハイエンドチップが、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)のソリューションに必要な処理能力であると考えているのではないかとのこと。

 性能に妥協したくないユーザーにとっては、LG G7まで待つのも手なのかもしれません。