噂:WWDCで「iPad mini 5」が発表される?いや、されない気がする

wwdc17

 Appleは、本日の26時より「WWDC 2017」を開催。「iOS 11」や「macOS 10.13」など、次期OSの詳細についてお披露目します。

 目玉となるのはこれらソフトウェアに関する発表ですが、それに加えて、ハードウェアに関する発表も同時に行われる見通し。特に新型のiPadがは発表されるのではないかと噂になっています。

 9to5Macは、イギリスの小売業者の在庫管理システム内に、「iPad mini 5」が登場したと伝えました。

screenshot-2017-06-04-10-57-34

 それによると「iPad mini 5」は、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルの2種類。ストレージ容量は32GBと128GBとのこと。

  • iPad mini 5 Wi-Fi 32GB: £379(約5万4140円)
  • iPad mini 5 Wi-Fi 128GB:£469(約6万7000円)
  • iPad mini 5 Wi-Fi+Cellular 32GB:£479(約6万8130円)
  • iPad mini 5 Wi-Fi+Cellular 128GB:£589(約8万4140円)

 カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色。

 iPad mini 4よりもやや高い価格であることから、この情報が真実であれば、Apple Pencil対応など新たな仕様が加わった、7.9インチiPad Proとでも言うべき製品となっている可能性もありそうです。

 ただし、リーカーに上げている証拠画像が紙一枚だけということから、偽造も容易ですし、信憑性はさほど高くありません。

 7.9インチのようなサイズを絶妙と捉えるか、中途半端と捉えるか。筆者は前者でしたが、ノートPCだけではなくKindle端末も持ち歩くようになってからは、後者の捉え方に近いですね。電子書籍を読むのに適していたiPad miniシリーズでしたが、雑誌などを除けばKindleの方が適していますからね。最近は6インチ前後のファブレット端末も増えましたしね。市場的にも後者、中途半端に感じる人が多いのではないのかなぁと考えた時、AppleがiPad mini 5を出すかどうかというのは疑問符が付きます。

DSC01917

 iPad miniといえば、ローエンド・入門機の役割を担う部分もありましたが、最近ではAppleは廉価な9.7インチiPadを発売しており、これはiPad mini 4よりも低価格です。ラインナップを眺めていても、iPad miniを更新する必要性というのは必ずしも高くはないなと。そう考えると、今回のiPad mini 5のリークがフェイクであったとしても、特に不思議ではありません。

 9to5Macのリーカー曰く、在庫管理システムには10.5インチiPad Proもあり、価格は£549であったとのこと。はたしてWWDCで新たなiPadについて言及されるのかどうか、見守りたいところです。