初代iPhoneのプロトタイプが公開。これが示すものは?

 初代iPhoneは、2007年6月29日、米国で発売しました。これでiPhoneは、初代iPhoneから数えて10周年を迎えたことになります。

 前面にタッチスクリーンと物理ホームボタンを備えたシンプルなスタイルと、指でのタッチ操作を基軸とした新しいUIは、ユーザーに鮮烈な印象を与えました。

 Appleでヒューマンインタフェースデザイナーを努めていたKen Kocienda氏は、初代iPhoneのプロトタイプの写真を公開しました。かなりベゼルが太く、不格好に見えます。iPhoneとは全く別物に見えますが、タッチスクリーンとホームボタンという基本スタイルは同じです。

iphone-2g-prototype

 当時、iPhoneの開発は極秘裏に行われていました。その頃、この不格好な試作機は、「Wallabies」のコードネームで呼ばれていました。この機体で、彼らはiPhoneのソフトウェアのUIを開発していたのです。

 Ken Kocienda氏がApple社を退社するまで、長らくこのデバイスを机に入れて仕事をしており、Appleにデバイスを返却する時は非常に名残惜しく、古くからの友人に別れを告げるような気持ちだったと回想しています。

 一方で、有名リーカ―Sonny Dickson氏は、過去に初代iPhoneの別の試作機「P1 / P2」を公開していました。こちらはまるでiPodのようなUIの、似ても似つかないOSが動作しています。

2017-01-13 20.25.39

 Appleが極秘裏に開発していた初代iPhone。かつて噂されていたものとして、事前リークを防ぐため、「ソフトウェア開発チームにはダミーのハードウェアの試作機、ハードウェア開発チームにはダミーのソフトウェアの試作機を、それぞれ渡して開発させていた」という説がありました。この説を信じると、今までのiPhoneの試作機のリーク画像に合点がいきます。