当たるかな?これがiPhone 8の情報を総合して作成された模型。

 ベンジャミン・ジェスキン氏が、これまでのiPhone 8に関するリーク情報に基づき、スクリーンプロテクターと印刷したホーム画面を組み合わせ、作成したダミーユニットの写真を公開しました。

DC_R8M9XkAEjSgj

 ダミーユニットはこれまでの噂通り、大幅に狭くなったベゼルレス仕様のディスプレイを備えます。前面上部は、スピーカー、カメラ、センサーが配置できるようくり抜かれていることを確認できます。

DC_R9RyXYAEtl9N

 最終的なデザインはまだわかりませんが、Geskin氏はこれがAppleが今年後半に投入するものになると期待しています。どこまで当たっているのか、楽しみですね。

 以下、動画も公開されています。

 今年のiPhone 8は、5.7インチディスプレイを搭載するものの、重量は5.5インチのiPhone 7 Plusよりも軽くなると噂されています。ディスプレイは有機EL、背面にはワイヤレス充電機能を搭載し、ARを念頭に置いたカメラ・センサーを備えるとも伝えられています。