高的中率の専門家レポート。iPhone 8は「顔認識」認証対応、指紋認証センサーなし?

 KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、次期iPhoneに関する予測レポートを公開しました。9to5Macによると、内容は以下のとおりです。

 iPhone 8は、やはりインカメラやスピーカーを除いた部分を画面領域で占めるようなデザインとなるようです。縦長のディスプレイを搭載し、下部に仮想ホームボタンを表示するとしつつも、しかし意外なことに、この仮想ホームボタンは指紋認証機能を備えていないとのこと。

iphone8-apple-new-model-iphone-8-oled

 指紋認証センサーを画面内に埋め込むことはその認証精度の低下などの各種技術的問題があります。それでも、画面内に指紋認証センサーを搭載するというのが最近のサプライチェーン筋から流れてくる噂でした。Ming Chi Kuo氏のレポートはこうした噂を否定するものです。背面に指紋認証センサーを搭載するAndroidスマートフォンはいくつかありますが、背面にも搭載されないようです。

 その代わり、iPhone 8のインカメラは、3D深度検知をサポートし、「顔認識認証」を実現するとのこと。従来のTouch IDの指紋認証を、顔認証で置き換えようとでも言うのでしょうか?

 iPhone 8の筐体は、ステンレススチールとガラスで構成。カラーバリエーションはより少なく。画面は有機EL。ステレオサウンドが強化されるとのこと。

 iPhone 8とiPhone 7s Plusは実行3GBメモリ、iPhone 7sは実行2GBメモリを搭載。

 iPhone 8 / 7s / 7s Plusの3モデルは、全てWPC規格のワイヤレス充電に対応。ワイヤレス充電パッドは別途購入する形に。3モデルともストレージオプションは64GBと256GBの2種類とのこと。

 3モデルとも、全て9月のスペシャルイベントで発表されるものの、iPhone 8に関してのみ、発売が遅れる可能性があるとしています。

 サプライチェーン筋などに独自の情報源を持ち、高い的中率を誇るMing Chi Kuo氏のレポートということで、無視できない内容となっています。どこまで当たっているのか、9月の答え合わせを楽しみにしておきたいところです。