リサイクル版Note 7の正式名称は「Galaxy Note Fan Edition」に。

Galaxy_20Note_207_20blue_20edge.0

 全世界で発火事故を起こしリコール対象となったSamsungのGalaxy Note 7は、全量リコールとなり、回収されました。

 この回収されたGalaxy Note 7を元に、リサイクル品を再販するとの噂は長らくありました。

 SamMobileは、Samsungが投入するリサイクル版Galaxy Note 7の、正式名称がGalaxy Note Fan Editionとなることを伝えました。

 これは韓国LG U+の販売店が、正式発表前に誤って飾ってしまったポスターから判明したものと思われます。

Samsung-Galaxy-Note-Fan-Edition-promo

 ベンチマークテストなどでは、当初「Galaxy Note 7R(RはおそらくRecycleの頭文字)」として登場していた再生品ですが、リサイクル品であることを前面に出さないよう、別の名称になると噂されていました。そういったことから、熱心な愛好家、ファンのためのバージョンを意味する「Fan Edition」を冠することにしたみたいですね。

 早ければ7月7日にも発売される見通しです。

 なお、次期Galaxy Note 8は早ければ8月、遅くても9月中には発表される予定なので、Note FEとNote 8がパイを奪い合うことになるところもあるかもしれません。Note FEは少なくとも韓国市場には投入される予定です。