タフネスモデルGalaxy S8 Activeの画像がリーク。電池容量増強4000mAh

 韓国メーカーSamsungが開発中のスマートフォン「Galaxy S8 Active」の実機を捉えた画像がリークされました。

galaxy-s8-active-live-leaked-3-263x540

 前面はオンスクリーンキー。エッジディスプレイにはなっていないように見えます。背面は側面部を取り囲むようなフレームが配置されるなど、頑強な耐久性を期待せずにはいられない見た目となっています。

galaxy-s8-active-live-leaked-1-720x540

 カメラと指紋認証センサーの配置はGalaxy S8と同様。伝えられる性能もSnapdragon 835、実行4GBメモリなど、Galaxy S8準拠。バッテリー容量はGalaxy S8よりも大容量となる4000mAhに。

galaxy-s8-active-leaked-03

 Samsungは、これまでにもActiveの名前を冠するGalaxyスマートフォンを投入してきています。いずれもフラッグシップモデルをベースモデルとしつつ、改良した、MIL規格や耐衝撃を想定したタフネススマートフォンとなっていました。

 Galaxy S8 Activeは、米AT&Tが取り扱う見通しです。