iPhone 8のフレームがリーク。やはりホームボタンは完全廃止か

 Apple社は、次期フラッグシップスマートフォン「iPhone 8」を2017年秋以降に発売する予定です。次期のラインナップは、従来モデルのデザインを踏襲するオーソドックスな「iPhone 7s / 7s Plus」と、革新的な新機軸を打ち出すハイエンドモデルiPhone 8という布陣になる見通しです。

 有名リーカ―Benjamin Geskin氏は、iPhone 8のスクリーンのフレーム部品をリークしました。

DDvKh2cXkAAINTu

 これはホームボタンを搭載した従来のiPhoneのそれとは大きく異なるものです。従来のiPhoneではホームボタン部分に切り欠きがありましたが、これが無くなっています。上下のフレームが狭くなっていることも確認できます。

iphone-8-frame-compare

 これまでのiPhone 8に関する噂としては、Galaxy S8シリーズのようなホームボタンのないベゼルレスモデルになる、というものが有力視されています。今回リークされたフレームパーツを見る限り、こうした噂は間違っていないように思われます。今回のフレームパーツの出処は、iPhoneの製造を請け負うFoxconnから流出したものとされています。

 Galaxy S8は、試作機においては物理ホームボタンするのみならず、画面内に指紋認証センサーを内蔵していました。

 しかしGalaxy S8は製品版においては、これを断念し、指紋認証センサーを背面に搭載していました。

 これに対して、iPhone 8では、ホームボタンを廃止した上で、画面内に指紋認証センサーを内蔵することが有力視されています。背面に指紋認証センサーを搭載したiPhone 8のリーク画像は信憑性の低いものが多く、やはり画面内に内蔵される可能性が高いのではないかと考えられます。

 その他、iPhone 8に関する予測としては、画面下部にファンクション領域を備えた実質5.15インチの5.8インチ有機ELディスプレイ、ワイヤレス充電を搭載するというものがあります。この機能領域がホームボタンや指紋認証センサーの動作を行えるのではないかという噂があります。