キャンセルされた「Surface Mini」の実機画像がリークされる。Snapdragon 800で動作

 2014年、Microsoftは2つの新しいSurfaceデバイスを発表する予定でした。1つ目はSurface Pro 3で、実際に発表されました。もう1つは「Surface Mini」で、こちらは日の目を見ることはありませんでした。

 Microsoft関連情報に精通した海外ブログ「Windows Central」は、 Surface Miniの実機を独占入手、その画像を公開しました。

surface-mini-hero-start

 ベゼルは太め。外観は縦長のSurface Pro 3といった様相。筐体は柔らかいケースのような素材。背面にはキックスタンドを内蔵しています。

surface-mini-gallery

 充電ポートはmicroUSB。1440 x 1080の解像度を持つ8インチ液晶を搭載。SoCはクアルコムのSnapdragon 800プロセッサ。32GBの内蔵ストレージと実行1GBメモリを搭載します。surfacemini-back

 動作するOSは、悪名高い「Windows RT」です。Windowsのデスクトップアプリケーションをインストールすることはできませんでした。

 Microsoftは、製品発表の数週間前にこの製品を投入しないことを決定しました。このデバイスが独自のセールスポイントを持っていなかったためです。数カ月後にWindows RT事態が廃止され、2014年9月にWindows 10が発表されることになります。

 Windows RTデバイスという時点で時代の徒花となるのは運命づけられていたでしょう。製品版が出なかったことは成功だと思います。しかしながらMicrosoftは新たにWindows 10をARMで動作可能にし、Snapdragonで動作するようにしています。8インチでスタイラスペンを備えた、新時代のSurface Miniとでも言うべき製品が今後登場する可能性は十分にあると考えられます。