ベンチマークから未発表端末「SO-01K」の存在が明らかに。ドコモ版Xperia XZ1か

Sony-Mobile-Smartphone-Xperia-Brand-logo

 ベンチマークテスト「Geekbench」にて、Sony Mobileの未発表端末「G8341 / SO-01K」が発見されました。

 ベンチマークテストの結果によると、この端末はSnapdragon 835チップセットと実行4GBメモリを搭載し、OSはAndroid 7.1 Nougatとなっています。

gsmarena_002

 この端末は、これまで噂されていたSony Mobileの次期フラッグシップスマートフォン「Xperia XZ1」が該当するものと思われます。あわせてリークされた情報によれば、5.2型FHDディスプレイを搭載し、860ドルで販売されるとのこと。

 本機はいち早くAndroid Oを採用して出荷されると噂されていましたが、このベンチマークテストが実行された段階では、少なくともこの試作機はまだAndroid 7.1 Nougatを実行しているようです。

 SO-01Kは、NTT docomoの次期型番であり、日本国内では少なくともNTT docomoが取り扱うと見て間違いなさそうです。

 これとは別に、G8441の型番を持つ端末も存在します。これはXperia XZ1 Compactで、4.6インチHD液晶を搭載します。SO-01KがXZ1に割り当てられたとすれば、順当に行けば、SO-02KがXZ1 Compactとなるはずです。

 両端末は、IFA2017にて正式にお披露目される見通しです。