アリババ参入で日本でもQRコード決済が普及する?

 日本経済新聞は、中国企業アリババ(Alibaba:阿里巴巴集団)が、来春にもスマートフォンでの電子決済サービスを日本で展開すると報じました。アリババ傘下のアントフィナンシャルジャパン経由で、QRコードで決済する形式。

alipay-logo

 アリババは巨大な中国市場においてネット通販最大手。スマホ決済サービス「支付宝(Alipay)」を中国にて展開中です。ライバル企業「騰訊控股(テンセント)」は「微信支付(WeChat Pay)」を展開し、Alipayと市場を二分しています。

alibaba-tencrnt-logo

 Alipayは今は中国国内口座を持っている人しか利用できませんが、日本国内の銀行口座を持つ人向けに別ブランドで展開するとのこと。ローソン・家電量販店・百貨店など、既に中国人訪問客向けにAlipayに対応している店舗を中心に天下得するとのこと。

 Suicaのような非接触決済と比べ、技術的には後退するQRコード決済。これは店舗側が品物の金額の含まれた決済用QRコードを発行して、顧客がスマートフォンで読み取ることでオンライン決済できる仕組み。

 従来の非接触決済の問題点は、店舗側の導入コストの高さです。リーダーを導入するだけでも一苦労。店舗に訪れてそれを利用する顧客のスマートフォンも、NFC/FeliCaチップの有無等を考慮する必要があります。

 しかしQRコード決済ならば、普及したスマートフォン・タブレットさえあれば簡単に導入できますし、とりあえずカメラさえ動けば何とかなります。店舗側も利用者側も結局QRコードの方が楽チンというわけ。

 ここにクレジットカード普及店舗の少なさ、スマートフォンの爆発的普及、アリババとテンセントの急成長、偽札の多さといった中国の特殊事情が絡んできて、中国では一気にQRコード決済が普及したというわけです。そんな中国での勢いを引っさげて、日本市場に参入するアリババ。一応、NTT docomoも日本でQRコード決済を展開する予定ですが……はたして?