次期Apple Watchは「eSIM」内蔵か?

apple-watch-apple-store

 9to5Macは、KGI証券のMing Chi Kuo氏の最新のレポートを伝えました。

 それによると、Appleが開発中の第3世代Apple Watchは、LTEネットワーク通信に単独で対応。スペースを節約するため、物理的なSIMカードスロットは搭載せず、eSIMを採用するとのこと。

 eSIMとは、「Embedded Subscriber Identity Module」の略です。従来は物理的なSIMカードによって通信事業者が決まっていたものが、eSIMならば画面上からの操作で電子的に切替が可能となります。

 Appleは、既にiPad ProにApple SIMを内蔵しており、eSIM対応を果たしています。しかしiPad ProはあくまでSIMカードスロットも備えています。eSIMは海外渡航時のスムーズな通信契約を行うためなど、あくまで補助的な位置付けに過ぎませんでした。レポートが正しければ、第3世代Apple Watchはもう一歩踏み込んだものとなるでしょう。

 ネットワーク接続は、あくまでデータ通信のみに限られ、通話には非対応とのこと。ただ、SkypeやFaceTimeのような各種VoIPアプリは利用できるようです。

 以前のレポートではベースバンドチップにIntel製のモデムを採用すると伝えられていましたが、新たなレポートでは、小型で低消費電力のチップをQualcommが製造していることから、AppleはIntelではなくQualcommも選び得るとしています。

 Apple WatchはこれまでiPhoneとの接続が可能でしたが、今年も依然としてAndroidとの接続機能は備えないとのこと。

 慣例通りであれば、第3世代Apple Watchは来月にも発表されることになります。