これでiPhoneは4モデルラインナップ?「iPhone SE」後継機、2018年初頭にも登場か。

iphone-7-iphone-se

 4インチモデルをこよなく愛するユーザーにとっては朗報かもしれません。海外メディア「Focus Taiwan」は、Appleのスマートフォン「iPhone SE」後継機が、2018年第1四半期(1~3月)にリリースされると報じました。

 情報源曰く、台湾を拠点とするWistron(緯創)が、次世代iPhone SEをインドで生産する準備を進めているとしています。Wistronは既にインドのバンガロールの工場においてiPhone SEの生産ラインを持っており、そこで次世代iPhone SEを生産するそうです。

 Tim Cook氏は既に8月1日の投資家向けの発表において、インド市場が次の中国市場のような位置付けになるとして、注力していく姿勢を見せています。Appleは今後5年でiPhoneの市場シェアを倍増させるために、成長市場であるインド市場に注目しているとのこと。

 確かに中国市場は中国国内メーカーが鎬を削っており、以前ほどの旨味はないはずです。インド市場にフォーカスするAppleの判断は合理的と言えます。

 インドのウェブサイトTekz24は、次世代iPhone SEはA10プロセッサ、iOS 11、4~4.2インチディスプレイ、1700mAhバッテリーを搭載。ストレージオプションは32GB/128GBになるとしています。順当な数値であり、妥当だと思います。

 なお、同じく台湾メーカーであるFoxconn(鴻海)やPegatron(和碩)は、次世代iPhoneの大型モデルを担当する見通し。

 今までの噂では、iPhone 7s / iPhone 7s Plusのスタンダードな2モデルに加えて、先進的仕様を備えたフラッグシップとしてiPhone 8が投入されるという説が強く支持されてきました。そこにiPhone SEのラインナップも継続されるとなれば、iPhoneのラインナップは4機種ということになりますね。

 現行のiPhone SEもまだまだ現役ですが、そろそろバッテリーの調子が悪くなってきたという人も出てくる頃かもしれません。2年毎ぐらいに4インチのラインナップが更新されるとすれば嬉しいですね。