Apple内部からリーク。発表前に全容解明された「iPhone X」情報まとめ

[追記]正式発表されました→「iPhone X」の機能・スペック・価格・発売日・予約方法まとめ。

iphone8rumors

 「iOS11 GM(ゴールデンマスター)版」 が漏洩され、そのコードから、最上位ベゼルレスモデル「iPhone X(アイフォーン テン)」の全容が解明されました。

 

過失による流出ではなく、意図的な情報リーク

 「iOS 11 GM」は当初、過失による流出かと思われましたが、Appleの最新情報に精通したブログ「Daring Fireball」曰く、Apple社員による意図的な、悪意のある情報リークであったとのこと。これはクパチーノ(Apple本社)で最も人望のない人物による問題行動であったとしています。

 

製品名は「iPhone X」

 iPhone 7 / 7 Plus後継機は、(7sではなく)「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」となり、最上位ベゼルレスモデルが「iPhone X」となるようです。

 

ワイヤレス充電対応

 新たに対応したワイヤレス充電中には、画面上に3Dアニメーションを表示するようです。iPhone 8 / 8 Plusもワイヤレス充電に対応している可能性があります。

 

上部バー、左側に時刻、右側に電池残量

 iPhone Xの画面最上部には切り欠きが設けられます。センサー・スピーカー・インカメラが配置されるためです。切り欠きをかわすように、左側に時刻、右側に電池残量が表示されます。

 

顔認証「Face ID」に対応

 指紋認証センサー「Touch ID」が完全に廃止され、顔認識認証「Face ID」に対応。実際に動作する様子も。

 設定するには、顔を回転させる様子を撮影し、顔の3D情報を記憶させる必要があります。

 顔認識認証によるApple Payにも対応する見通し。

 

ホームボタン廃止により、三段階スワイプ操作が必要に

 ホームボタンが廃止されたことにより、画面下端からのスワイプ動作が必要となるようです。短いスワイプでDock呼び出し、中ぐらいのスワイプでアプリ履歴表示、長いスワイプでホームに戻れるようです。誤操作も多く、煩わしそうな印象。チューニング次第でしょうか。

 

電源ボタン長押しがスリープではなくSiri起動に

 これまで電源ボタン長押しでスリープだったのが、Siri起動に。電源ボタン2度押しでApple Payの起動に。

 

壁紙

wallpaper-iphonex

 壁紙も判明。旧Appleロゴの虹色をテーマにしたものが多数含まれているようです。

 

液体検知機能搭載

 液体検知により、濡れている際には充電しないよう促してくるようです。

 同様の機能は、防水防塵対応のGalaxy S8シリーズも持っています。Apple Watch S2では、さらに音を出して振動で排水する機能まで持っています。

 

A11 Fusionは”怪物級”ヘキサコアに

 「A11 Fusion」プロセッサーを搭載。4つの高性能コア(Mistral)と、2つの高出力コア(Monsoon)の計6コアで構成される、ヘキサコアになるとのこと。

 iPad ProのA10Xは、TSMCの10nm製造プロセスですが、A11 Fusionも同じく10nmプロセスであると思われます。

 開発者は、このプロセッサがベンチマークテストで怪物級のスコアを出すだろうと予測しています。

 

 

発表日

 新型iPhoneは9月12日(日本時間9月13日午前2時)に発表されます。発売日は、iPhone 8 / 8 Plusは9月22日、iPhone Xのみ10月以降に遅れる可能性もあります。

続報:「iPhone X」の機能・スペック・価格・発売日・予約方法まとめ。