iPhone Xの有機ELに焼き付き防止機能搭載か

iphonex

 Appleが今夜発表する次期フラッグシップスマートフォン「iPhone X」は、ディスプレイに有機ELを搭載してます。

 この有機ELの焼き付きを緩和する機能が搭載されていることが、流出したiOS 11 GMから判明しました。

 コードにはBurnin-mitigationなる項目が存在しており、焼付きを緩和してくれるようです。具体的にどのような作用をするのかはわかりません。ただ、焼き付きを想定しているということは、やはり裏を返せば有機ELを採用するということは確定事項と捉えて良さそうです。

oled-iphone-x

 フィルターやバックライトを組み合わせる液晶に対し、有機ELは、素子自体が発光するため、より優れた色表現や、薄型化や変則的な形状が可能といったメリットがあります。しかしこの自発光素子に常時電気を流し発光させ続けると、素子が劣化し焼き付いてしまうというデメリットがあるのです。劣化しやすい色の傾向も違うので、長年使い続けるほど色がおかしく、汚くなっていきます。

 最近の有機EL採用製品ではパネルの異常を監視して調整する機能があります。LG製の有機ELテレビであれば、そもそも白黒の有機ELとカラーフィルターを組み合わせるなどして、色が劣化し汚くなることを防いでいます。

 iPhoneも、先行する有機EL採用製品に倣い、何らかの対策を施してくるつもりなのでしょう。期待しておきたいところです。