iPhone X、未対応アプリは上下に黒帯表示

 iPhoneはiPhone 5以降、16:9のディスプレイ比率を維持してきました。

 これに対しiPhone Xはアスペクト比2:1の縦長のディスプレイを搭載しています。さらにセンサー類を集約した上部の切り欠き部分の関係もあり、従来のアプリが正しく表示されない可能性が心配されてきました。

 しかし開発者がツイートするところによれば、2:1に未対応のアプリは、16:9のサイズで表示されるようです。 

 上下には黒い帯が表示されます。さらにアプリの表示領域の四隅は角丸となっています。

 iPhone 5を購入した当時、買った直後は非対応アプリが多くありましたが、次第に対応アプリが増えていき不満も減っていきました。iPhone Xも、その登場当初は非対応アプリが少なくないことを覚悟しておくべきでしょうね。