折り曲げ可能なiPhoneが登場する?

Foldable-iPhone

 将来のiPhoneに搭載するための折りたたみ式有機ELディスプレイを作るための、専門部隊をLGが創設したと、The Korea Heraldが報じました。

 LGは2~3年前に、既に独自の折り畳み有機ELの試作品を開発したと主張しており、現在はその耐久性や生産量の向上を研究している段階です。これをAppleが採用し、2020年に新型iPhoneに採用するとのこと。

 世界最大の有機ELメーカーであるSamsungも、折りたたみ式有機ELを採用した、折り曲げ可能なGalaxy Xを開発中です。早ければ2018年にも市場投入される可能性があります。

 SamsungのGalaxyはAppleのiPhoneにとってライバルです。そのSamsungの有機ELへの依存度が高まることはAppleにとってはリスクです。今後、もしかするとトレンドになる可能性のある折り曲げ式の端末において採用するパネルで、LGを選ぶというのは、サプライチェーンを分散しSamsungへの依存度を下げることに繋がります。

 Appleは、米国特許商標庁に新たな特許を出願したことをApple Insiderが伝えました。

23228-29088-Screen-Shot-2017-10-12-at-74600-AM-l

 これはディスプレイに柔軟性のある部分を設け、折り畳み可能なディスプレイを実現するもの。ディスプレイはプラスチック、ガラス、セラミック、繊維複合材、ステンレス鋼、アルミニウムといった素材でできているとのこと。今回の韓国メディアの報道による噂を裏付けるものです。

 折りたたむとiPhone、開けばiPadになる、そんな製品もいずれ出てくるのかもしれませんね。