生産不足のiPhone X、2018年に爆売れ

iphone-x

 Appleのサプライチェーン筋に複数の情報源を持ち、それを元に多くの予測を的中させ続けているKGI証券のアナリストMing Chi Kuo氏は、iPhone Xの販売について新たな予測を立てました。

 従来であれば、毎年、新型iPhoneが発売される秋から年末にかけてiPhoneの出荷台数が増加する時期なのですが、これが来年になるとのこと。

 今年はiPhone XのTrueDepth(立体的な顔認識認証用のカメラシステム)の生産上の問題があり、出荷数が減るためです。

 この生産上の問題が2017年第4四半期に解消され、2018年前半のiPhone Xの出荷台数は大きく増加。これが2018年のiPhone全体の出荷を強く牽引するほどだとしています。

 そして2018年に発売される新型iPhoneは、より競争力のある機能やデザインを有し、2017年に発売されるiPhoneよりも長い期間販売されるとのこと。

 これらの要因から、2018年のiPhoneの出荷台数は大きく増加することになる、というのがKuo氏の予測です。

 やはり今年中のiPhone Xの入手難度は高そうですね。