SprintとT-Mobileの合併、合意へ。後は規制当局次第

sprinttmobilelogos

 来月、米国の携帯顧客は、選べる会社が一社少なくなる可能性がありそうです。

 日経が、SprintとT-Mobile USが合併すると報じました。親会社であるドイツテレコムとソフトバンクが合意に達しており、後はその所有比率や条件を詰めるのみだとのこと。

 株式は、ドイツテレコムはT-Mobileの64%を、ソフトバンクはSprintの83%を所有しており、株式交換をして合併する見通し。

 米国内の契約者数で、T-Mobileは3位、Sprintは4位。このため両社が合併すると契約者数は1億3千万人となり、米国内で第3位の巨大キャリアが誕生します。

 障壁は米政府です。オバマ政権下、2014年のSprintによるT-Mobile買収は、米連邦通信委員会FCCの承認が得られず、頓挫していました。トランプ政権下では成立する可能性もあると見られています。