Xperia初のデュアルカメラは「自撮り」用?6型ファブレットの噂

Sony-Mobile-Smartphone-Xperia-Brand-logo

 GFXBenchのWebサイト上やUAProfで、未発表スマートフォンの存在が明らかとなりました。

 新しいモデルの型番は「H3213 Avenger」。Hのアルファベットから、2018年も出ると出ることがわかります。Avengerは復讐者の意で、おそらく社内用の開発コードネーム。

 ベンチマーク上のデータからすると、この端末は6インチFHDディスプレイを搭載したファブレットになるようです。スペックはQualcomm Snapdragon 630 / 636 / 660のいずれかを搭載。実行メモリは4GB、ストレージ容量は32GB。ミッドレンジ~ミッドハイに属する端末となりそうです。

Sony-H3213-Avenger

 このモデルの特筆に値すべきはカメラです。リヤカメラは2300万画素なのですが、前面カメラは1600万画素と800万画素のデュアルカメラ構成となっているのです。

 グローバルメーカー各社はデュアルカメラにしのぎを削り、AppleのiPhoneもPlusシリーズとXシリーズにてデュアルカメラを搭載。2017年はついにSamsungのGalaxyもデュアルカメラを推しています。このような状況において、Xperiaは未だにすべての機種でシングルカメラのみとなっています。

 しかしH3213 Avengerは、リヤカメラはシングルのまま、フロントカメラを先にデュアルカメラにするというのは面白いですね。驚異的なセルフィー(自撮り)性能を持っていることが予想されます。

 ただミッドレンジのH3213以外にも開発しているであろうフラッグシップ級の端末が、背面にデュアルカメラを搭載してくる可能性もありそうです。今後の情報を楽しみに待ちたいところです。