次期iPad Pro、指紋認証センサーを廃止し、Face ID対応か

 Bloombergは、来年に登場する次期iPad Proが、指紋認証センサーを廃止し、顔認識認証「Face ID」に対応すると報じました。

 より額縁の細いベゼルレスデザインになるとのこと。もし画面上部にセンサー類を配置した「ノッチ(切り欠き)」が無ければ、次期iPad Proは以下のようなコンセプト画像に近いものとなるでしょう。

apple-ipad-pro-concept

 Appleのサプライチェーンに詳しい情報源いわく、有機ELは採用しないとしています。理由としては標準的な液晶よりも大量生産が難しいことが挙げられています。Samsung Display以外のLG、JDI、SHARP、BOE Display、Tianma Microelectronicsなどのサプライヤーも、タブレット型OLEDスクリーンを来年Appleに供給することはできないだろうとのこと。次期iPad Proもおそらく液晶ということになるでしょう。

 次期iPad Proには、より高速なプロセッサ、高性能なGPU、Apple Pencil用ソフトウェアツールの新バージョンが搭載される見込み。

 実際のところ、iPhoneの少なくとも4インチ/4.7インチモデルについては、指紋認証のためにTouch IDに指を伸ばすことについて、何の不満もありませんでした。なので、顔認識認証への移行はあまり必然性を感じませんでした。しかし大きな画面を搭載するiPadについては、いちいち指紋認証センサーに指を伸ばすのはやや億劫に感じるところがありました。Face IDによる顔認証が真価を発揮するのは、iPadシリーズなのでは?と思うところ。なので、来年のiPad Proには個人的には期待を持っています。