新型AirPodsは2018年後半登場?有名アナリスト予測

 iPhone Xの予測もかなりの的中率を誇ったKGI証券のアナリストMing Chi Kuo氏。そんな同氏が新たなレポートを発表したと、9to5Macが伝えています。

 それによると、Appleは左右完全独立型ワイヤレスイヤホン「AirPods」の新モデルを、2018年後半にも投入するとのこと。

airpods

 変更点についての詳細はあまり触れられていませんが、少なくともより小型のクォーツ部品を採用するとしています。

 部品の小型化によって、余裕が生まれます。その余裕をバッテリー駆動時間に回すのか、高性能化するのか、製品自体を小型化するのか、どうなるのか気になるところ。

 同氏のレポート曰く、AirPodsは生産性の問題を抱えているとのこと。バッテリーフレックスリジッド基板がサプライチェーンの生産のボトルネックになっているようです。

 それでもAppleはAirPodの出荷台数を来年2倍に増やし、2600万台以上にする見通し。

 Appleは9月のイベントでiPhone Xと一緒に、ワイヤレス充電パッドAirPowerを発表しました。AirPowerは2018年の春に発売されると予想されています。

iPhone-X-Wireless-Charging

 現時点ではAirPodsは、ケースともにワイヤレス充電には非対応です。発表時はあたかもAirPods共々全てワイヤレス充電できるかのような触れ込みでしたが、未だに実現していません。AirPowerが発売される頃か、それよりも後に、ワイヤレス充電対応のAirPodsケースが出るのでしょう。

 しかしそこから間もなく2018年後半に新型AIrPodsが登場するとなると、ワイヤレス充電対応AirPodsケースを買い足すのも、何だかなぁといったところ。若干グダグダ感があるので購入タイミングの難しい製品ですね。