有名アナリスト、2018年の3モデルiPhoneのうち、6.1型液晶モデルの人気を予測。

kuo2018iphonelineup-800x720

 信頼性の高いリークに定評のあるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年の新しいiPhoneのサプライヤーにまつわる新たなレポートを発表しました。

 それによるとAppleは今年、5.8インチ(有機EL)と6.5インチ(有機EL)、そして6.1インチ(液晶)の計3モデルのiPhoneを発売するとのこと。3モデルとも9月までに発売するそうです。

 さらに6.5インチ有機ELモデルは3300〜3400mAhのL字型バッテリーを搭載。ユニミクロンがサプライヤーに。一方、5.8インチ有機ELモデルの電池容量は2700〜2800mAhに。6.1インチ液晶モデルは長方形の2850〜2950mAhのバッテリーを搭載するとのこと。

 Kuo氏は、市場は6.1インチ液晶モデルを高評価すると予測しています。2018年後半に発売される新型iPhoneのうち、約半分を6.1インチモデルが占めると予想しています。

 なお、現時点で販売されているiPhone Xの出荷数が予想よりも下回っていることについては、主にデバイスの価格によるものとしています。このため、6.1インチ液晶モデルがよりユーザーにとって魅力的になるとの予測です。6.1インチ液晶モデルの価格は、700~800ドルになるとのこと。

 6.1インチ液晶モデルは、Face IDやノッチなどはiPhone Xと共通。一方で3D Touchは非搭載で、背面はデュアルカメラではなくシングルカメラとのことです。