新機能満載の「iPhone SE2」の噂は、誤り?有名アナリスト予測

iphone-se-7

 インドでWistronによって生産される、次期iPhone SE。最近の噂では、ワイヤレス充電対応、ガラス背面への変更、3D Touch対応など、iPhone 8 / Xと同等のアップグレードが行われる……これが最近のiPhone SE2に関する情報です。

 しかしKGI証券のアナリストMing Chi Kuo氏は、こうした噂を否定しました。

 インドで生産されるiPhone SEは、より安価な部品を選択しつつ、iOS12をスムーズに動かせるようなチップセットに更新する程度の変更のようです。

 Kuo氏の予測どおりであれば、2018年に発売される小型iPhoneは、新機能満載どころか、Appleにとってあくまで廉価モデル、入門用といった位置付けでしかないのでしょう。Kuo氏はサプライヤーに情報源を複数持っているものと見られ、精度の高い予測レポートで定評があります。

 ワイヤレス充電を始めとしてより上位の機能を求めるのであれば、上位のiPhoneを求めるしかなさそうです。2018年のiPhoneは、5.8 / 6.1 / 6.5インチモデルが噂されていますので、それらに期待しましょう。これらの新モデルに多くの開発リソースを集中しているからこそ、iPhone SE2は極めて些細な変更しかされない、というのもKuo氏のレポートにある根拠です。

kuo2018iphonelineup-800x720