iPhone Xの切り欠き、2019年から小型化?

 Appleのフラッグシップモデル「iPhone X」は、True Depthによる顔認識認証「Face ID」を特徴としています。

 その代わり、カメラ・センサー類の配置された「切り欠き(ノッチ)」は、画面の上部に鎮座し、動画再生時に邪魔になるなど、実用上支障の出るシーンがあります。

iphone-x-notch-sensor-housing

 この切り欠きについては改善されるかもしれません。韓国のETnewsが報じたところによれば、2019年に市場投入予定のiPhone向けFace IDセンサーは、各種センサーとフロントカメラを統合するとのこと。IRカメラとRGBカメラを1つのモジュールにまとめることで、ノッチ領域の縮小が期待できます。

 なお、iPhone Xに「真のベゼルレス化」が近づくことになるものの、ノッチが完全になくなることはないのは注意が必要です。

 切り欠きは動画再生中に邪魔であるほか、日常的にバッテリーパーセンテージを常時表示できないなどの問題も生じることから、改善に期待したいところですね。