シャープ、スマホ向け有機ELを生産、夏モデルから採用か

sharp-aquos-logo

 日本経済新聞は、SHARPが2018年春にスマホ向け有機ELパネルの生産を開始し、SHARPの2018年夏モデル高級機種に採用すると報じました。

 SHARPといえば、「液晶のシャープ」であり、大型といえば8Kパネルに注力しています。しかしスマホや車載向けなど、大型パネル以外での個人消費者向けの選択肢では、有機ELも用意していくとのこと。堺事業所に有機ELパネルの小規模生産ラインを立ち上げており、2018年第2四半期に本格稼働するとしています。

 有機ELは、発光材料に有機化合物を用いた発光ダイオードであり、いわゆる自発光デバイス。カラーフィルターを後ろからバックライトで照らす従来の液晶方式とは異なり、有機EL方式の場合はRGB素子が発光するため、応答性や発色、黒色の表現力に長けています。

 現在、モバイル向けではSamsungが大きなシェアを占め、ほとんど一極状態です。他社の動向としては、LGはP-OLEDを自社スマホで採用。JDIも2019年に量産を開始します。報道が事実であればここにSHARPも加わる形となります。