噂:iPhone X Plusは6.5型2688×1242ピクセルの有機ELディスプレイを搭載し、デュアルSIMモデルも?

iphonexplus1-800x572

 BloombergのMark Gurmanは、Appleが2018年後半に投入する新型iPhoneの3モデルについて伝えました。

 1つ目がこれまでのiPhoneで最大の大きさ(開発コードネーム:D33)、2つ目が現在のiPhone Xと同サイズ(開発コードネーム:D32)、3つ目は液晶ディスプレイ搭載の安価な普及モデルとのこと。ということは普及モデル以外は有機ELということですね。

 3モデルともFace ID用のTrueDepthカメラを搭載し、画面上にノッチ(切り欠き)が存在することを認めています。

 最大の大きさを誇る6.5インチモデル(iPhone X Plus)については、ベゼルレス仕様のため、iPhone 8 Plusなどと物理サイズはあまり変わらないとしています。画面解像度は2688×1242ピクセルとのこと。

 6.5インチモデルはアジア市場での需要が大きいため、アジア市場でニーズのあるデュアルSIMモデルを用意するとしています。 

 iPhone X後継機と6.5インチモデルは、ゴールドカラーも用意されるそうです。iPhone Xのカラーリングが2色しか無いことが不満という人は、2018年後半のモデルを待ってみてもいいかもしれませんね。