特価:S835の高性能機が狙い目。ドコモ、端末購入サポートで機種変更も安売り

sony-xperia-xzs-samsung-galaxy-s8-galaxy-s8-plus

 NTT docomoは、4月13日より「端末購入サポート」対象機種を拡充。MNP・新規だけでなく、機種変更でも適用できます。

 今回追加された機種はいずれも2017年夏モデルのスマホです。2018年夏モデルが出る前に在庫を処分しておきたいのでしょう。何気にらくらくホンも追加されています。

対象機種 定価 割引後
Xperia XZs SO-03J 8万5536円 2万736円
Xperia XZ Premium SO-04J 9万3960円 3万9528円
Galaxy S8 SC-02J 9万3960円 2万5920円
AQUOS R SH-03 8万9424円 2万0736円
らくらくホン F-02J 4万824円 1万9440円

  月々の通信料からの割引「月々サポート」が無い代わりに、端末購入サポートの値引きを適用できます。端末購入サポートは、通信料ではなく端末代金そのものから直接値引きされます。

 ただし、端末購入サポートの適用条件として、基本料金は「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」のいずれか、データ容量プランとして「データパック」「シェアパック」への加入が必要。

 さらに注意すべきは、利用期間の拘束が発生する点です。購入から1年以内の解約や指定プラン外への変更では、端末購入サポート値引き額の半額が「解除料」として請求されます。1年以上ドコモで利用する予定のある人にとってはいいですが、他社・MVNOへの乗り換えを検討している人などにとっては熟考を要します。あくまで条件を呑める人だけが検討しましょう。

 対象機種の中で、Xperia XZ Premium、Galaxy S8、AQUOS RはSnapdragon 835を搭載。このチップセットはVRを扱えるほどの高い性能を備えながらも、極端な発熱などの問題もなかった「当たり」です。昨年の旧モデルを勧めるというのは通常であれば気が引けるのですが、これらの機種の高い処理性能を考えるとまだまだ現役です。

 価格で考えると特にAQUOS RやGalaxy S8のお買い得感が際立っており、おすすめできます。スマホ程度で4Kディスプレイというのは現状ではあまり大きな意味を持ちませんが、ガジェット的にはそそるものがあるので、あえてXZ Premiumをチョイスするというのもアリかもしれません。

 今回の端末購入サポートは全国一律で利用でき、もちろんドコモオンラインショップでも利用可能。

 ドコモショップと言えば、長い列で待たされた挙げ句、長い説明をされた上に、事務手数料や頭金、無駄なオプションへの強制加入で無駄金を払わされるなど、ある程度スマートフォンに詳しい人にとっては基本的に良いところはほとんどありません。

 しかしドコモオンラインショップなら、待たされることもなく、知っている説明は読み飛ばせて、頭金もなく事務手数料も無料となります。新機種の定価購入や端末購入サポートによる特価販売は、ドコモオンラインショップを使うのが賢い手です。