iPhone 8 Plus並にデカいiPhone Xが出るらしい。FaceIDは横顔にも対応か すまほん!!

 Macお宝鑑定団blogは、信頼のできるサプライヤー情報筋から得た情報として、次期6.5インチiPhone Xは、iPhone 8 Plusと同じサイズになると伝えました。背面カメラの実装形式が変わるため、0.2mm厚くなるとも話しています。

 現在の5.8インチiPhone Xは縦方向には大きく、表示情報量が多くなりましたが、画面比率にあった動画がないため、その画面表示領域を持て余しがち。動画視聴を考慮すると、いっそ物理サイズを大きくして幅を広げてくれた方が嬉しいというのはあると思います。それはそれで需要があるでしょう。

 次期iPhoneは、3モデル展開になると噂されています。

2018-iphone-lineup

 「6.5インチ有機EL」「5.8インチ有機EL」「6.1インチ液晶」の3種類で、いずれもTrue Depthを搭載し顔認識に対応するというのがもっぱらの噂でした。

 Macお宝鑑定団blogは6.1インチ液晶モデルの画面サイズは、6インチかもしれないと伝えました。HUAWEI nova lite 2、Moto G5 Plusに近いサイズであるとのこと。

 6インチ液晶モデルのカメラはデュアルカメラではなく、シングルカメラになるとのこと。

 次期5.8インチ有機ELのiPhone Xは、現行と同じ筐体のまま、カメラセンサーとレンズが大型化されるとしています。

 また、iOS11でのFaceID認証は、これまでiPhone Xを縦にした状態でしか認識しませんでしたが、iOS12では横にしてもロック解除できるとのことです。これは便利ですね。

 「Macお宝鑑定団Blog」は独自の情報源を多数有しており、iPhone 7の「3.5mmイヤホンジャック廃止」を世界で初めて伝え、的中させたブログです。

docomoオンラインショップ auオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。iPhone購入はオンラインショップで。(解説