6.1型iPhoneのレンダリングが独占公開。

 以前、Ming Chi Kuo氏は、2018年のiPhoneが3種類になるとのレポートを公開しました。5.8インチOLEDのiPhone X後継機、6.5インチOLEDの大型iPhone X、そして6.1インチの廉価版iPhone Xです。

iphones-2018-kgi-800x492

 様々な噂が流れていますが、BGRはケースメーカーからの情報を元に、やはりMing Chi Kuo氏のレポートは正しいと主張。

 さらにBGRが信頼できる情報源から入手した画像として、ケースメーカーGhostek製の保護ケースを装着した6.1インチiPhoneのレンダリング画像を独占公開しました。

6.1inch-iphone

 ホームボタンは廃止され、全画面化、ノッチも備わっています。背面はデュアルカメラではなくシングルカメラとなっています。

 BGRはこの情報源から過去数回、未発表スマホのレンダリングを提供され、全て毎回正確であったとしています。これまでの情報は組み立て工場から得られた詳細な寸法情報に基づいていると考えられています。

 6.1インチ液晶iPhoneは、他の2つのOLED iPhoneとともに、9月中旬以降発表され、発表から1~2週間以内にリリースされる見通しです。