次のApple Wacthは物理ボタン廃止か?

 Fast Companyは、Appleのサプライチェーン筋を情報源として、次世代Apple Watch(Apple Watch Series 4)から物理ボタンが廃止されると伝えました。

applewatch

 現行のApple Watchの側面には物理ボタンが2つあります。サイドボタンと、デジタルクラウンです。これらが物理的なクリックが不可能になるとのこと。

 その代わり、ソリッドステートボタンとなり、押し込みを触覚フィードバックによって擬似的に再現するとのこと。2ボタン構成は変わらず。デジタルクラウンは引き続き回転自体はするものの、単に押し込みができなくなるようです。

 iPhone 7のホームボタンや12型MacBookのタッチパッドは、実際にはクリックできません。しかしTaptic Engineにより、適切なバイブレーションを指に伝えることで、まるで本当に押し込んでいるかのような感覚を得ることができます。このように既に実現している技術を、ついにApple Watchに採用するということになります。

 iPhoneの物理ホームボタンにせよ、MacBookのタッチパッドにせよ、物理スイッチはしばしば壊れます。故障を回避するという観点から物理式を触覚フィードバックに置き換えることは理に適っています。耐水性の向上にも期待できます。そしてApple Watch内のスペースを節約し、他の機能の搭載や電池容量の拡大といったことも可能です。非常に合理的というわけですね。

 物理ボタンを廃止したApple Watch S4は今年か、2019年に登場するとのことです。