噂:アップル、iPhone SE 2をキャンセル

 スマートフォンのリークで実績を持つケースメーカーOlixarが、今年発売のiPhoneのラインナップを伝えました。

 それによると今年のiPhoneは、5.8インチのiPhone X、6.5インチのiPhone X Plus、安価な6.1インチのiPhone 9であるとのこと。この3機種だけとなるようです。

https_%2F%2Fblogs-images.forbes.com%2Fgordonkelly%2Ffiles%2F2018%2F06%2Funnamed

(6.5型 次期iPhone)

 Olixarによれば各モデルの寸法は以下の通り。

  • iPhone X – 143.6 x 70.9 mm
  • iPhone X Plus – 157.2 x 77.1 mm
  • iPhone 普及モデル – 147.12 x 71.52 mm

 これらはいずれもメインストリーム以上のサイズのモデルとなります。メインストリームよりも小さい、4インチのラインナップのiPhone X mini(iPhone SE2)も噂されていましたが、この中にはありません。

 有機EL搭載のiPhone Xは高価です。iPhone X / X Plus以外の、残り一台は普及モデル枠です。Appleはこの普及モデル枠に、6.1インチ液晶モデルをあてるか、iPhone SE2をあてるか、迷っていたと伝えられていました。

 先月、iPhone SE 2は見送られたのではないかとの複数の噂が流れました。さらに今回、信憑性のあるリーカーが、投入モデルが6.1インチモデルであると言及したことにより、少なくとも2018年内のiPhone SE 2の投入は絶望的と考えられます。

 Olixarはこの2年間で、iPhone X、Galaxy S9、Galaxy Note 8、Galaxy Note 7、iPhone 7のデザインをリーク。いずれも正確に的中させてきた実績を持ちます。