噂:6.1インチ廉価版iPhone X、多色展開が確実視

iphone-x-colors

 Rosenblatt SecuritiesのアナリストJun Zhang氏が、Appleの次期6.1インチ液晶搭載iPhoneが、ブルー、イエロー、ピンクなど複数のカラーバリエーションを持つと予想したと、Macお宝鑑定団blogが伝えました。

 これは以前、的中率の高さに定評のあるMing Chi Kuo氏のレポートと被る部分があります。

 Kuo氏は6.1インチモデルのカラーバリエーションを、グレー・ホワイト・ブルー・レッド・オレンジの5色展開と予想しています。

 両者の予測で被っているカラーは、ブルーですね。厳密なカラーは特定されていないようではあるものの、多色化はかなり確率が高そうです。

 Appleが廉価版を多色展開するのは2013年のiPhone 5c以来のことです。当時、高性能で指紋認証センサーを搭載したフラッグシップスマートフォンiPhone 5sに対し、廉価版スマートフォンであるiPhone 5cは、性能も低く指紋認証センサーも非搭載で、露骨に廉価版といった様相を呈しており、次に続かず、あまり成功とは見做されていません。

 ところが、今回の6.1インチモデルは、廉価版といえども、高度なTrue Depthセンサーによる顔認識認証に対応し、性能も低くなさそうですので、Appleが6.1インチ廉価モデルに大きな販売台数を期待しているという噂も信憑性を帯びます。

 次期iPhoneは2018年9月以降正式発表される見通しです。