噂:次期iPad Pro、イヤホンジャック廃止・縦画面使用前提など すまほん!!

ipadpro

 Macお宝鑑定団Blogは、サプライヤー関係者を情報源とし、次期iPad Proに関する仕様を伝えました。

 それによると、新型の筐体寸法は以下の通り。画面領域外の額縁の縮小、つまりベゼルレス化が進み、筐体サイズはスリムに。

  • 10.5型iPad Pro(第2世代):高さ247.5mm × 幅178.7mm × 厚み6mm
  • 12.9型iPad Pro(第3世代):高さ280mm × 幅215mm × 厚み6.4mm

 マイクは、現行機では頭頂部と背面上部に搭載されていますが、新型では頭頂部のマイクが2個のステレオマイク仕様となるとのこと。

 さらに3.5mmオーディオジャックはついに廃止となるとのこと。これまでiPadはイヤホンジャックを頑なに維持してきましたが、iPhone同様ついに無くなるのは感慨深いですね。なお、iPadにはEarPodsもLightning – 3.5mmイヤホンアダプターも同梱されないので、ワイヤレスイヤホンやアダプターを自分で用意する必要がありそうです。

 従来のiPadでは、外部キーボードと接続するためのSmart Connectorが側面にありましたが、これが底部のLightning端子に近い位置に移動するとしています。タブレットは普通、キーボード使用時は横向きで使うものだと思うので、この変更は正直意味がわかりません。

ipad-back

 なぜこのような仕様になっているのか?これまでiPadは指紋認証センサーTouch IDを搭載してきましたが、新型ではこれを廃止。代わりに顔認識認証Face IDに対応するとされています。Macお宝鑑定団Blogは、Face IDでは本体を横にした状態でのロック解除が実現出来ないためかと推測しています。

 国内のApple情報を伝えているBlog「gori.me」は、Rene Ritchie氏の作成したコンセプトイメージを紹介。iPad Proが縦向きにSmart Keyboardを装着した場合の予想図となっています。違和感しかありませんね。

ipad-pro-keyboard

 Face IDは横画面で認証できるようにiOSをアップデートするとの噂もありましたが、今回のiPad Proに関するリークを信じて考えるならば、2018年9月以降の新製品リリースまでに横向きでの顔認識は対応がされないか、対応が間に合わないといった可能性も出てきます。

 現在、iPhone Xは三脚やジンバルを活用し、横向きで固定してビデオ撮影に使うことが多いのですが、縦向きにしか対応していないFace IDがとにかく不便です。いちいち機材から外すか、機材ごと横に倒すか、自分の顔を真横に向けるか。使っていて心底アホらしくなります。

 自分は基本的にiOSとAndroid端末はバランスよく使うようにしているのですが、このままアップデートでも新機種でも改善しないなら、iPhoneは生体認証を解除をオフにして使うことにするかもしれません。しかしiPhoneをパスコードオフで利用する場合、セキュリティー上問題がある上にApple Payも利用できなくなるなど、多数の弊害があるので、あまり現実的とは言えません。Androidのように横向き顔認証も対応する、指紋認証センサーを背面・前面・画面内のいずれかに搭載する、といった改善を切実に望みます。

 スマホを横向きで利用しなければならないシチュエーションは多くないので、私のような意見はただの少数派として無視できるかもしれません。しかしタブレットは横向きで利用するシチュエーションが多いでしょうから、一般層にも使いづらいという感想が多く出ることは想像に難くありません。仮に今回の噂が事実であれば、率直に言って失望です。事実ではないことを祈ります。